リバプール・南野、先発で見せ場つくるも不発…3部相手にドロー

[ 2020年1月28日 05:30 ]

FA杯・4回戦   リバプール2―2シュルーズベリー ( 2020年1月26日 )

シュルーズベリー戦で攻め込むリバプールの南野(共同)
Photo By 共同

 リバプールの日本代表MF南野は26日、FA杯4回戦のシュルーズベリー戦で先発出場を果たした。3トップの中央でプレーした前半はボールに絡み、シュートも放つなど積極的にプレー。ただトップ下や左右にポジションを変えた後半は見せ場がなく同40分に交代。チームも3部相手に2点差を追いつかれ、再試合に持ち込まれたとあって「もっと前で収めたりゴールに向かったり、そういう積極性を出していく必要がある」と課題を口にした。

 23日のウルバーハンプトン戦でリーグ戦デビューを果たしたが、先発はいずれも若手中心で臨んだFA杯。今後の定位置確保に向け「どのポジションに入っても高いクオリティーでできることを示さないといけない」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月28日のニュース