インテル移籍エリクセン 新背番「24」に!コンテ監督との“再会”へ期待感「トットナムでは苦戦した」

[ 2020年1月29日 00:30 ]

インテル・ミラノへの移籍が発表されたデンマーク代表MFエリクセン(AP)
Photo By AP

 プレミアリーグ・トットナムからセリエAのインテル・ミラノに完全移籍することが発表されたデンマーク代表MFエリクセン(27)の新背番号は「24」に決定。クラブ公式ホームページが新しいユニホームを着用したエリクセンの背中向きの写真をアップ。エリクセンが「インテルでの冒険で身に着ける背番号を選んだ」と報告した。

 さらにエリクセンはインテルTVでのインタビューに応え「チームに加わるのが待ちきれない。ここにいるのは素晴らしいし、新しいインテルの選手になれて嬉しいよ。とても興奮しているし、ファンの前で自己紹介するのが待ち遠しい。既にファンの温かさに触れている、素晴らしい歓迎だった。素晴らしい気持ちだよ」と喜びを伝えた。

 プレミアリーグでは公式戦通算305試合に出場し、69得点89アシストと活躍も「僕自身はそれほど統計を重視するタイプではない。これからは新しいチャレンジが始まる。ファンタスティックなクラブでプレーする機会を得られて本当に嬉しい」と過去の成功より新たな挑戦を歓迎。チーム合流へ向け「(コンテ監督は)トットナム時代に彼を知った。僕たちは彼が監督を務めたチェルシーと対戦したが、とても苦戦した。彼のことや、彼のチームがどんなプレーをするかもっとよく知ることが楽しみだよ」と期待に胸を膨らませていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月28日のニュース