J2昇格決定の北九州、主力DF寺岡が全治9カ月の大ケガ 両ひざなど手術

[ 2019年12月13日 14:57 ]

 J3北九州は13日、DF寺岡真弘(28)が両膝外側半月板損傷、大腿骨外側顆軟骨損傷と診断され、13日に手術を受けたと発表した。全治までは約9カ月の見込み。14日のシーズン報告会は欠席する。

 北九州はJリーグ史上初となる前年最下位からの優勝を果たし、4年ぶりとなる来季のJ2昇格が決定。寺岡は28試合(0得点)に出場して優勝に貢献した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月13日のニュース