アタランタ 最下位から下克上突破 指揮官「歴史をつくるチャンスだと信じていた」

[ 2019年12月13日 05:30 ]

欧州CL1次リーグ最終節 C組   アタランタ3―0シャフタル・ドネツク ( 2019年12月11日 )

アタランタのガスペリーニ監督
Photo By AP

 アタランタは初出場で大逆転突破を果たした。後半21分、MFカスターニュの先制点がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で確認後に認められると、その後退場で1人少なくなった相手から2点を追加し快勝。2連勝で勝ち点を7に伸ばし、前節最下位から2位に浮上した。

 開幕3連敗からの1次リーグ突破は大会史上初でガスペリーニ監督は「歴史をつくるチャンスだと信じていた。それを最高の形で成し遂げた」と快挙を誇った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月13日のニュース