G大阪 J2岡山GK一森純を獲得 ライバルC大阪のアカデミー育ち 大学からJFL入り、6年でJ1へ

[ 2019年12月13日 15:24 ]

 J1のG大阪は13日、J2岡山からGK一森純(28)が完全移籍で加入すると発表した。

 大阪府出身の一森はU―15、U-18とC大阪のアカデミー(育成部門)育ちで、関西学院大から2014年に当時JFLだった山口入り。山口ではJ3昇格、J2昇格を経験し、2017年からJ2岡山に在籍していた。リーグ通算でJ2には120試合、J3には36試合出場。今季は正GKとしてJ2で34試合に出場した。

 一森はG大阪を通じて「Jリーグ屈指のクラブからオファーをいただき、光栄に思います。ユニホームの胸に光る星を1つでも増やすのはもちろんのこと、1人でも多くの人の心を動かせるような選手を目指して精一杯頑張りますので、熱い応援をよろしくお願いします」とコメント。

 3年間在籍したJ2岡山を通じては「岡山の誇りを背負い、ともに走り続けた日々は、僕のかけがえのない財産です。この財産を胸に、これからも覚悟をもって自分らしく頑張っていきます」などと談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月13日のニュース