ガラタサライ、欧州L切符逃し…長友大敗終戦 指揮官「格が違った」

[ 2019年12月13日 05:30 ]

欧州CL1次リーグ最終節 A組 ( 2019年12月11日    ガラタサライ0―5パリSG )

攻め込むガラタサライの長友
Photo By 共同

 勝てば欧州リーグに回る3位に浮上する可能性を残していたガラタサライだが、番狂わせは起こせなかった。

 前半32分に先制されるまでは粘り強く守ったが、失点を重ねて集中力を失った。テリム監督は「30分までは悪くなかったが、それでは意味がない」と試合運びを反省した。

 長友は全6試合に先発したが、チームは2分け4敗、1得点14失点と圧倒された。指揮官は「パリSGとRマドリードは格が違った」と同組のビッグクラブとの差を認めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月13日のニュース