実好新監督の下での再スタートも…京都 主力3選手が流出の可能性

[ 2019年12月13日 05:30 ]

 J2京都の主力3選手が流出する可能性が12日、高まった。複数の関係者によると、MF仙頭啓矢(24)は横浜への完全移籍が濃厚で、神戸もオファーを出しているMF小屋松知哉(24)は鳥栖が争奪戦でリード。MF重広卓也(24)はJ2福岡を最有力に、複数クラブが獲得に乗り出している。

 戦術眼や技術に優れる仙頭は今季リーグ36試合10得点、ドリブル突破が武器の小屋松は全42試合出場で9得点。守備的MFの重広はシーズン終盤こそ出場機会がなかったものの、豊富な運動量で序盤の快進撃を支えた。10年ぶりの昇格を逃し、来季は実好新監督の下で再スタートを切るが、屋台骨を支えた3人が流出となれば大きな痛手だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月13日のニュース