“王様”イブラ、低迷ミラン救ってやろうか?38歳V請負人 不滅の決定力に期待

[ 2019年12月10日 09:30 ]

セリエA   ACミラン3-2ボローニャ ( 2019年12月8日 )

今季限りでギャラクシーを退団するイブラヒモビッチ(左)(AP)
Photo By AP

 “王様”が8シーズンぶりにセリエAに帰ってくる。今季限りで米MLSのギャラクシーを退団した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)が古巣のACミランに移籍することを示唆している。正式決定すれば11~12年以来の復帰。10~11年のリーグ優勝を最後にタイトルから遠ざかり、今季もリーグ10位に低迷している名門の救世主となれるか、地元では期待が高まっている。

 去就に注目が集まっていたイブラヒモビッチが古巣復帰を示唆した。4日、イタリア誌GQ(電子版)のインタビューで「再び勝利し歴史を塗り替えなければならないが、さまざまなことに苦闘している、そんなチームに行くだろう。まだまだ皆を驚かせたい。イタリアで会おう」とセリエAで低迷するACミラン加入をほのめかした。

 ユベントス、インテル・ミラノ、パリSGなどで活躍してきた優勝請負人がACミラン入りすれば、28点を挙げてセリエA得点王に輝いた11~12年以来8季ぶり。当時同僚だったカッサーノ氏は「オレなら何が何でも獲る。まだまだ違いをつくれる選手」と証言。米MLSで今季2位の30点を挙げるなど38歳となっても衰えない決定力はもちろん、若手が多いチームをけん引するリーダーとしても期待する。

 セリエA歴代2位の優勝18回を誇る名門は没落。イブラヒモビッチを擁した10~11年を最後にリーグ優勝から遠ざかり、その後は財政難でスターが次々と流出して13~14年を最後に欧州CLにも出場できなくなった。今季は序盤から低迷し、10月にジャンパオロ監督を解任。ピオリ新監督の下、8日にDF冨安のボローニャに競り勝ち今季2度目の連勝を果たしたが、依然として10位と厳しい状況だ。

 低迷の一因は若手の経験不足で、ボローニャ戦の先発平均年齢は24・5歳。先発最年長だった30歳MFボナベントゥーラは「若手の成長にはミスが付き物で、勝ち点を失う結果につながっている」と分析した上で「彼のような偉大な選手が来てくれたらいいね」とイブラヒモビッチ加入を熱望する。15日のクラブ創設120年記念式典で加入が発表される可能性も報じられており、ファンは救世主の到来を待ち望んでいる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月10日のニュース