カズ、来季J1開幕スタメン当然狙う「目指して整えたい」 恒例グアム自主トレに出発

[ 2019年12月10日 05:30 ]

恒例のグアム自主トレに出発した横浜FCのカズ
Photo By スポニチ

 来季からJ1に昇格する横浜FCのFW三浦知良(52)が9日、オフ恒例のグアム自主トレに出発した。「リーグ開幕戦は誰もが目指すもの。自分もそこを目指して整えたい」。照準は世界でも例のないプロ35年目での開幕スタメン。衰えない情熱とともに南国へ、飛び立った。

 カズの辞書にオフはない。先月24日の最終戦後も肉体を休めながら2日に一度は1キロを6分のペースで5キロ走る有酸素運動と体幹、筋トレを継続してきた。グアムには専属マッサー、調理師ら総勢6人のチームカズも帯同。夜明け前から1日3部練習を課し、J1を戦う肉体をつくる。

 J1で開幕スタメンとなれば神戸時代の05年以来15年ぶり。当時はC大阪に3―1で勝ち開幕弾も決めている。来年2月26日には53歳になる。毎年、誕生日には鮮やかなスーツ姿で登場するのがキング流。新作も「もう製作してんじゃないかな」と笑った。間違いなく主役の一人となる20年シーズンへ、カズが早くも始動した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月10日のニュース