田川、今年3月以来の招集 快足生かし「最後のところでクオリティー出せたら」

[ 2019年12月10日 05:30 ]

田川亨介
Photo By スポニチ

 日本代表の田川は五輪世代では最長ブランクとなる、今年3月のU―23アジア選手権予選以来の招集。

 「(入るのは)1トップなので、起点になることもポストプレーに回ることも大事。周りの選手もうまいですし、ボールを運んでくれると思うので、最後のところでクオリティーを出せたらいいと思う」と持ち味の快足を生かして決定的な仕事をすることを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月10日のニュース