フィテッセ・本田、24日デビュー 半年ぶりピッチへ指揮官明言

[ 2019年11月23日 05:30 ]

記者会見するフィテッセの本田圭佑(共同)
Photo By 共同

 オランダ1部リーグのフィテッセに加入した元日本代表MF本田圭佑(33)が、24日の敵地スパルタ戦でデビューする見通しとなった。現地メディアNOSやテレグラフが報道。スルツキ監督が「本田はスパルタ戦でプレーする」と明言したことなどが報じられた。

 ロシア1部CSKAモスクワ時代の恩師である指揮官は、起用について「昨季のマルティン・ウーデゴールのように中盤と前線をつなぐ選手が必要。圭佑にはそれができる」と、昨季Rマドリードから期限付き加入していたノルウェー代表MFの名前を出して説明。また「圭佑はロボットだ。食事、睡眠、トレーニング、準備、体調など全てが適正だ」と太鼓判を押した。

 公式戦出場は昨季限りで退団したメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)時代のACL広島戦以来、約半年ぶりとなる。21日の記者会見では「若い選手より経験があるので、さまざまな面でチームに貢献できると思う」と語った。背番号は年齢と同じ33。オーバーエージ枠での出場を目指す東京五輪に向けても再起を図る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月23日のニュース