鹿島・内田、3季ぶり優勝へ全勝誓う「信じてやっていく」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

鹿島主将のDF内田
Photo By スポニチ

 絶対に落とせない一戦だ。鹿島は23日のアウェー広島戦に敗れ、首位のFC東京と2位の横浜がともに勝利した場合は優勝の可能性が消滅する。

 首位から陥落した前節の川崎F戦後、主将のDF内田は大岩監督と「あと3つ勝てば絶対に上(首位)にいる。信じてやっていこう」と話し合ったことを明かした。右膝半月板を手術したDF小田を除いて、中断の間にケガ人も続々と復帰。正念場に強い常勝軍団が、3季ぶりのVへラストスパートに入る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月23日のニュース