神戸・古橋、2桁&残留弾必ず!23日のC大阪戦「チームが勝つためにプレーを」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

C大阪戦に向け、報道陣の取材に応じる古橋
Photo By スポニチ

 堅守を破り、日本代表のFW古橋亨梧(24)が2桁&残留確定弾を決める。神戸は22日、23日のC大阪戦(ノエスタ)に向けて神戸市西区で非公開調整。19日の親善試合ベネズエラ戦で代表デビューを飾った快速FWは、最少失点を誇るC大阪との対戦に向け「リーグ最少失点かもしれないけど、隙は絶対にあるので。その隙を突ければ」と抱負を語った。

 J1で初めて1シーズンを通して戦う今季は、ここまで9得点8アシストをマーク。この一戦に勝てば、神戸の残留も決まる。「まずはチームが勝つためにプレーをして、その中でチャンスがあればゴールやアシストだったり、チームが勝てるプレーをできれば」。世界を体感した背番号16が、今度はJのピッチで大暴れする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月23日のニュース