J3藤枝 2位キープ 後半42分“あうんの呼吸”で岩渕が千金弾

[ 2019年11月23日 17:28 ]

明治安田生命J3第32節   藤枝1―0秋田 ( 2019年11月23日    藤枝総合サッカー場 )

<藤枝・秋田>藤枝は後半42分に岩渕(左)が決勝点をマーク。「アシスト」した森島と抱き合って喜ぶ
Photo By スポニチ

 「あうんの呼吸」で藤枝が優勝争いに踏み止まった。後半42分、素早く攻守を切り替え、MF安藤由翔(28)が左からグラウンダーのクロスを送るとFW森島康仁(32)が絶妙なスルー。後方に走り込んだMF岩渕良太(29)が右足で合わせた先制点が決勝点となった。

 「(スルーと)声は掛けませんでしたが、ボールが来ると信じていました。イメージ通り」と岩渕。「(岩渕が)走ってくるのは分かっていました。個人的な記録よりチームが勝つことが一番」。J3得点ランクで首位に1差の森島は「アシスト」を喜ぶ。石崎信弘監督(61)も「いいコンビネーションでした」と称えた。

 勝たなければ優勝が厳しくなるホーム戦で連敗を阻止し、24日に第32節を戦う首位・北九州との勝ち点差を2とした。ホームでの北九州との最終戦(12月8日)を含め残り2試合。J2ライセンスを取得しておらず2位以内に入っても来季昇格はないが、岩渕は「勝ち続けるしかありません」と逆転Vへの誓いを新たにした。
 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月23日のニュース