イニエスタ 盟友・ビジャを惜別「天皇杯を優勝できれば有終の美に」

[ 2019年11月14日 05:30 ]

記念写真に収まる(左から)三木谷会長、ビシャ、イニエスタ(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 神戸のMFイニエスタは、盟友・ビジャの決断に理解と哀惜が入り交じった表情を浮かべた。「悲しいニュースだよ。もっと長い間一緒にプレーしたかった。でも何よりも気持ちを尊重したい」。

 バルセロナやスペイン代表でともに多くの栄冠を手にしてきた間柄だが、ビジャと共闘できるのは最大で残り5試合となる。「彼の最後の試合が天皇杯決勝で、優勝できれば素晴らしい有終の美になる」と気合を入れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月14日のニュース