久保 原爆慰霊碑に献花「当たり前の幸せをかみしめることが大切」

[ 2019年11月14日 05:30 ]

キリンチャレンジカップ U-22日本代表-U-22コロンビア代表 17日キックオフ

広島平和記念公園を訪れ、チームを代表して献花する中山(手前・左)と横内コーチ(後方左から3人目が久保)(撮影・成瀬 徹)      
Photo By スポニチ

 久保は全体練習に合流し、冒頭30分間のパス練習などに参加した。前日合流組らと早めに切り上げた後も体育座りしてチームの練習を見学。「今回、自分はニューフェース。アピールが大事。いつも大事ですけど、より大事なのかなと思う」と力を込めた。

 午前中にはチーム全員で平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花。折り鶴を献納した後、被爆者の山本定男さん(88)から被爆体験を聞き「当たり前の幸せをかみしめることが大切なのかなと思った」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月14日のニュース