森保監督 “キルギスの規律”を警戒「監督が確固たる戦術を持っている」

[ 2019年11月14日 05:30 ]

W杯アジア2次予選 日本-キルギス戦 14日キックオフ

キルギスのクレスチニン監督と握手する森保監督(右)(撮影・西海 健太郎)
Photo By スポニチ

 森保監督は前日会見に出席し、「去年日本で対戦したが、個のフィジカルの強さがある。監督が確固たる戦術を持っていて、規律を持って戦える良いチーム」とキルギスを警戒した。

 昨年11月の親善試合は4―0で快勝したが、敵地でぶつかる今回は雑草交じりのピッチや気温1桁台の寒さなど懸念事項は多い。「ミスが起こる可能性は必ずあるが、チームを正していきたい」と気を引き締めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月14日のニュース