×

長崎、J1昇格の可能性消滅 高田社長は経営面にメドで退任発表

[ 2019年11月4日 05:30 ]

 J2長崎は横浜FCに敗れ、来季J1昇格の可能性が消滅した。試合後には今季限りの退任が発表された高田明社長(71)が取材に応じ「就任した時から3年のスパンで考えていました。J2、J1でも(経営面で)メドがつき始めた。退任は適正な時期だと考えました」と話した。

 チームが経営危機に陥っていた17年4月に社長に就任し、同年にはJ1昇格。経営面もこの約2年半で再建させた。後任は今後、発表予定という。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2019年11月4日のニュース