×

堂安、同点ゴール演出もドローに悔しさ「勝ちたかったというのが本音」

[ 2019年11月4日 05:30 ]

オランダ1部   PSVアイントホーフェン2―2スパルタ ( 2019年11月2日 )

スパルタ戦の前半、攻め込むPSVアイントホーフェンの堂安
Photo By 共同

 PSVアイントホーフェンのMF堂安がアウェーのスパルタ戦にフル出場し、同点ゴールを演出した。0―1の後半11分、ペナルティーエリア内から右足で狙ったシュートはブロックされたが、相手のクリアミスを味方が蹴り込み「(自分で)決めたかったが、点が入って良かった」。

 それでも試合は2―2でドロー。3試合勝ちなしとなり「勝ちたかったというのが本音」と、悔しさを隠さなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2019年11月4日のニュース