神戸ポドルスキ 3カ月ぶり戦列復帰へ!14日松本戦に意欲「飢えは100%以上」

[ 2019年9月11日 05:00 ]

中耳炎からの完全復帰が間近になった神戸の元ドイツ代表FWポドルスキ
Photo By スポニチ

 神戸の元ドイツ代表FWポドルスキがリーグ松本戦(14日、ノエスタ)で“スーパーサブ”として起用される可能性が出てきた。10日の練習ではフルメニューを消化。「状態は徐々に良くなっている。試合への飢えは100%以上だ」と息巻いた。

 6月17日に真珠腫性中耳炎が判明して手術。8月中旬に再来日したポドルスキは「試合のリズムをつかむには時間が掛かる。少しずつ試合に絡んでいきたい」とコンディションが100%ではないことを明かしつつも、代表ウイーク明けの復帰を示唆していたフィンク監督のGOサインが出れば出陣するつもりだ。元スペイン代表MFイニエスタは負傷で欠場が濃厚。3カ月ぶりの戦列復帰となる背番号10が、熾烈な残留争いから抜け出す力になる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月11日のニュース