神戸FW古橋 年内にも代表初招集へ!今季J1で8得点、抜群のスピードと高い技術

[ 2019年9月11日 05:33 ]

神戸のFW古橋
Photo By スポニチ

 7大会連続となるW杯出場を目指す日本代表が、今後の新戦力として神戸のFW古橋亨梧(24)をリストアップしていることが10日、分かった。関係者によると、今季のJ1で8得点を挙げる活躍を高く評価。A代表への招集が検討されており、年内にも選出される可能性があるという。

 抜群のスピードと高い技術を誇る古橋は、昨夏にJ2岐阜から神戸に加入。元スペイン代表MFイニエスタらとの相性は良く、ビッグネームがそろうクラブでも定位置を確保し、今季は22試合に出場し8得点を奪っている。今夏にはオランダ1部フローニンゲンと同AZから獲得オファーが届いた中で、最終的に残留を決断した。

 これまで世代別の代表にも選ばれたことはないが、日の丸への思いは強く「FWなので結果を残し続けないと選んでもらえない。結果を残せるようにやっていきたい」と話してきた。大阪・興国高では日本代表MF南野拓実(24)と同級生。南野はC大阪U―18に所属し、古橋は興国高サッカー部に所属していた。

 10月以降もW杯予選が続き、12月にはE―1選手権(韓国)が控える日本代表。戦力となり得る人材を常にチェックしており、その一人として、古橋のプレーを継続して追っていく。

 ◆古橋 亨梧(ふるはし・きょうご)1995年(平7)1月20日生まれ、奈良県生駒市出身の24歳。興国高―中央大を経て17年J2岐阜入り。2年目の18年にリーグ26試合11得点と活躍し、同年8月に神戸へ完全移籍。亨梧は登録名で本名は匡梧(読みは同じ)。1メートル70、63キロ。利き足は右。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月11日のニュース