冨安 20歳309日でCB最年少出場!悪条件でも得点許さず

[ 2019年9月11日 05:30 ]

W杯アジア2次予選   日本2-0ミャンマー ( 2019年9月10日    ヤンゴン )

<ミャンマー・日本>前半、GKに阻まれ悔しがる冨安(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 DF冨安がセンターバックとしてJ発足後では歴代最年少(20歳309日)でのW杯アジア予選出場を完封勝利で飾った。 日本代表メンバー

 ぬかるんだピッチ、激しい降雨という悪条件の中、セーフティーなプレーで相手に得点を許さなかった。「強いチームは現実的なサッカーで勝つ。内容より結果にこだわるべき」と話す。歴代でも20歳での出場は、80年の越田剛史以来39年ぶりとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月11日のニュース