吉田 攻守に気を吐くも満足せず「後半はあまり良くなかった」

[ 2019年9月11日 05:30 ]

W杯アジア2次予選   日本2-0ミャンマー ( 2019年9月10日    ヤンゴン )

<ミャンマー・日本>前半、クロスをはね返す吉田(左から2人目)(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 DF吉田は自身3度目のW杯へ、主将が攻守に躍動した。 日本代表メンバー

 守備ではミャンマーにシュート1本しか打たせず。攻撃でも前半39分のCKではクロスバー直撃のヘディングシュートを放ち、後半26分には正確なフィードで伊東のGKと1対1の局面を演出するなど気を吐いた。「悪い環境の中、スタッフ、選手はよく頑張ったと思う」と称えたが、「後半はあまり良くなかった。前のパラグアイ戦でも同じだった」と満足はしていなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月11日のニュース