C大阪 FW都倉、今季絶望に…右膝手術へ 全治8カ月の見込み

[ 2019年5月14日 10:20 ]

<C大阪・横浜>前半、必死にボールを追う都倉(右)=撮影・平嶋理子
Photo By スポニチ

 C大阪のFW都倉賢(32)が今季絶望となった。11日の横浜戦で右膝を痛め、途中交代。大阪府内の病院で精密検査を受けた結果、「右膝前十字靱帯損傷」と「右膝外側半月板損傷」と診断され、全治まで8カ月を要することになった。今後は手術をする見込みで、今季中の復帰は厳しくなった。

 オフに札幌から完全移籍で加入した都倉は、1トップや2トップの一角として定位置を確保。ここまで1得点ながら、フィジカルを利かしたポストワークなどで確かな存在感を発揮していた。

 2連勝と調子の上がってきたC大阪にとっては、大きな痛手となった。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年5月14日のニュース