神戸ポドルスキ 連敗脱出へ熱弁「自分に全責任を持ってプレーを」

[ 2019年5月14日 08:47 ]

「ヴィッセルジェット」の前でポーズを決める(左から)ビジャ、ポドルスキ、西
Photo By スポニチ

 神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が13日、連敗脱出に向けて「自分に全責任を」と熱弁を振るい、自発的なプレーを求めた。前日の鹿島戦に敗れて6連敗。チームとして自信を失っている中で「監督からの指示もあるけど、ピッチでは選手が自分のプレーを選択して、考えてやらないといけない。自分に全責任を持ってプレーしないといけないし、それで結果を出すことが大事」と語った。

 この日は、午前に神戸市西区で練習。午後に神戸空港内で行われた「ヴィッセルジェット」のお披露目会に元スペイン代表FWビジャ、日本代表DF西とともに参加。右太腿裏痛を抱えていた影響で3試合連続欠場中ながら、18日の横浜戦(日産ス)での戦列復帰を見据えており「ピッチで表現したい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年5月14日のニュース