J2栃木 33歳MF岩間雄大が右膝前十字靭帯断裂 全治7~8カ月 近日中に手術へ

[ 2019年5月14日 16:57 ]

 J2栃木は14日、MF岩間雄大(33)が右膝前十字靭帯断裂と診断され、近日中に手術を受けると発表した。

 4月28日に行われた明治安田生命J2リーグ第11節・岐阜戦(栃木グ)の試合中に負傷した。復帰までは術後、約7~8カ月を要する見込みで、今季中の復帰は絶望的と見られる。

 岩間は2014年に加入した松本で同年のJ2リーグ戦36試合に出場してチームのJ1初昇格に貢献。昨季限りで契約満了に伴い松本を退団し、栃木に移籍していた。

 今季は負傷した岐阜戦まで開幕から全11試合に先発出場。岐阜戦の前半6分にパスを出した際に負傷した模様で、担架にのせられて退場、同8分に交代となっていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年5月14日のニュース