W杯へU20代表が出発 “飛び級”選出の17歳・斉藤光「いよいよだなという気持ち」

[ 2019年5月14日 10:43 ]

成田空港のチェックインカウンターに向かって歩く(左から)斉藤光、西川、影山監督
Photo By スポニチ

 23日開幕のU―20W杯に臨むU―20日本代表が14日、開催地ポーランドへの出発前に成田空港で取材に応じた。

 1次リーグでは23日にエクアドル、26日にメキシコ、29日にイタリアと対戦する今大会。“飛び級”選出で期待が高まる17歳、MF斉藤光毅(J2横浜FC)は「ポーランドに乗り込むのでいよいよだなという気持ちもありますし、楽しみだなという気持ちの方が強い」と開幕を待ちわびた。また、同じく17歳のFW西川潤(桐光学園高)も「個人としてはしっかりチームで結果を出して、勝利に貢献できるようにしたい」と気合を入れた。

 現地到着後は15日から練習を開始、17日のU―20コロンビア代表との親善試合を経て本番に臨む予定となっている。
 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月14日のニュース