岡崎 今季限りでのレスター退団を明言 日本復帰は否定「ヨーロッパでもう一回」

[ 2019年3月31日 22:56 ]

イングランド・プレミアリーグ第32節   レスター2―0ボーンマス ( 2019年3月30日 )

レスターのFW岡崎慎司
Photo By スポニチ

 イングランドプレミアリーグ、レスターのFW岡崎慎司(32)が、4年契約が満了する今季限りで退団する意向を改めて示した。

 レスターはボーンマスに2―0と快勝し3連勝を果たしたが、ベンチスタートの岡崎は2試合連続で最後まで出番がなく「出るチャンスもないなと思った。準備はしているけど、今日みたいな試合では、なかなか流れがなかったかなと」と振り返った。

 2月に就任したロジャーズ監督は主に4―3―3システムを採用しており「この4―3―3に(自分が)当てはめられるかと言えば、それはなかなか厳しい」と現状を説明。1月にも出場機会を求めて移籍を希望しており「僕がここから巻き返すのは、僕が20代前半とかだったら、まだ頑張ろうかなと思うけど。やはり(チームを)出るというのが基本路線だと思う」と契約満了とともに退団する考えを示した。

 さらに去就については「ヨーロッパでもう一回、自分の価値を上げていきたいと思っている。4年ここにいた経験を、次にどこで花開かすかというのが今の楽しみ」とJリーグ復帰の考えはないことを明かした上で「レスター(残留)はないけど、プレミアリーグはあるかもしれない。ここ(プレミア)でやりたいなと思うこともある。でも人生1度しかないので、違うリーグで違う自分が見たいというのもある。そんなに選べる立場ではないので、4大リーグで(オファーが)あれば行くという感じですね」とプレミアリーグのほか、ドイツ、スペイン、イタリアへの移籍を選択肢に入れていると説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月31日のニュース