ドローに持ち込んだ!浦和DF山中 土壇場の2試合連続アシスト

[ 2019年3月31日 05:30 ]

明治安田生命J1第5節   浦和1―1FC東京 ( 2019年3月30日    埼玉 )

<浦和・FC東京>後半ロスタイム、森脇の同点弾をアシストする浦和・山中(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 浦和DF山中が土壇場で2戦連続アシストを決め、ドローに持ち込んだ。

 ゴール前には高さのあるFW杉本らも構えていたが「相手SBにコースを切られていた。直前で判断を変えられるのも僕の良いところ」。急きょ、左サイドからマイナスのグラウンダーパスを選択し、DF森脇の同点弾を演出した。同42分には“和製ロベカル”の異名通り、バーを直撃する約30メートルの左足FK弾も放ち、途中出場ながら抜群の存在感を見せた。次戦は古巣の横浜戦が待つ。「おのずと気持ちが入る。全試合スタメンで出たい。(この日から導入の)4バックは個人的に追い風と思っている」と意気込んでいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年3月31日のニュース