王者・川崎Fが開幕5戦目で待望の今季初勝利 未勝利は磐田、清水、仙台の3チームに

[ 2019年3月31日 18:00 ]

<松本・川崎F>前半43分、川崎F・知念(左)がヘディングで先制ゴールを決め、中村と喜びう  (撮影・大塚 徹)    
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1リーグは31日、第5節最終日の2試合が行われ、史上2チーム目のリーグ3連覇を目指す川崎Fが敵地で松本に2―0で勝ち、今季5戦目にして待望の初勝利を挙げた。

 開幕から3連続引き分けの後、前節は初黒星を喫し、ここまで13位に沈んでいた王者・川崎F。この日はJ2から昇格した松本と敵地で対戦すると、前半44分にFW知念の今季初ゴールとなるヘッド弾で先制。後半19分にはMF阿部も今季初ゴールを決めて無失点で完勝した。

 湘南は3―1で清水に勝利を収め、2連勝で前節の11位から5位に浮上。開幕から5戦勝ちなしとなった清水の順位は17位のまま前節から変わらなかった。

 開幕から5試合を終えたJ1リーグは4勝1敗の名古屋が勝ち点12位で単独首位。ともに3勝2分けで勝ち点11の2位・FC東京と3位・広島の2チームだけがここまで無敗。今季未勝利チームは16位・磐田、17位・清水、18位・仙台の3チームとなっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年3月31日のニュース