浦和“大谷メソッド”発揮へ!花巻東で指導のメンタルトレーナー原田氏招へい

[ 2019年2月23日 09:16 ]

明治安田生命J1第1節   浦和―仙台 ( 2019年2月23日    ユアスタ )

“大谷流メソッド”で無失点発進を誓った浦和DF槙野
Photo By スポニチ

 “大谷流メソッド”でV奪回へ!浦和は23日、敵地で仙台と激突する。今季から主にメンタル面の研修プログラムとして大谷翔平投手(エンゼルス)が花巻東高時代に指導を受けたメンタルトレーナーを招へい。準備に抜かりはない。

 日本代表DF槙野智章(31)は言う。「失点後、15分以内の失点を指摘された。メンタルも引き上げていきたい」。昨季3失点以上した3戦全てで15分以内に追加点を許した。ダメージを引きずり再び失点の悪循環。メンタルは無視できない。

 実は今回、招へいしたメンタルトレーナーの原田隆史氏(58)は大谷の師。高校時代の大谷は原田式ツールの一つ、目標達成シートを活用。浦和では強化部が導入し、既に3度、全体でアンケートや講義を受けた。

 杉本、山中らを補強し、攻撃力が注目されるが「良いシーズンにするには良い守備から。無失点で発進したい」と5年ぶり完封発進を誓った槙野。今季の浦和はピッチ内の戦力だけでなくメンタル面も“大型補強”している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月23日のニュース