昨季得点王ジョーが開幕戦で2発!名古屋4得点で白星発進 鳥栖トーレスは不発

[ 2019年2月23日 15:56 ]

明治安田生命J1第1節   名古屋4―0鳥栖 ( 2019年2月23日    駅スタ )

<鳥栖・名古屋>後半、先制ゴールを決め、喜ぶ名古屋・ジョー
Photo By 共同

 世界的ストライカー対決は、2発のジョーに軍配が上がった。名古屋の元ブラジル代表FWジョー(31)と鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)が開幕戦で激突。昨季得点王がいきなり実力を証明した。

 0―0で迎えた後半18分、ペナルティーエリア内で縦パスを受けたジョーは、相手DFを背負いながら前を向き、左足を一閃(いっせん)。シュートは右ポストに当たってゴールへと吸い込まれ、自身にとって2年連続の開幕戦ゴールを決めた。

 それだけでは止まらない。同32分にはDF吉田の左クロスを頭で合わせて2点目。初陣から2得点と結果を残した。名古屋は後半34分にFW相馬に、同44分にはFW杉森の鮮やかなパスからMF和泉にもゴールが生まれ、鳥栖を相手に4―0で快勝した。

 フェルナンド・トーレスはフル出場。後半10分には最終ラインを抜け出して右足で強烈なシュートを放ったが、惜しくも右ポストに阻まれた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月23日のニュース