柏 伊東、ベルギー1部ゲンクに移籍 一両日中にも発表

[ 2019年2月2日 05:30 ]

ベルギー1部ゲンクに期限付き移籍する伊東(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 今季からJ2を戦う柏の日本代表MF伊東純也(25)が1日、ベルギー1部ゲンクに移籍することが分かった。複数の関係者が明かした。期限付きのもようで、一両日中にも正式発表される。

 自慢の俊足でアジア杯でも存在感を示したスピードスターが、満を持して欧州挑戦する。以前から「その気持ちはある」と海外組への憧れを口にしていたが、舞台はベルギーの地に決まった。同クラブからはゴールやアシストなど得点に絡む能力やスピードが評価され、完全移籍するオプション付きで海を渡る。森保ジャパン初陣から招集されている快足アタッカーには、昨夏にドイツ1部デュッセルドルフから正式オファーが出され、今冬も複数の海外クラブが興味を示すなど、熱視線が向けられていた。

 16年から在籍する柏にも愛着がある。しかし、22年W杯カタール大会に出場するためにはレベルアップが必須。新天地で武器に磨きをかけ、目標まで一直線に駆け抜ける。

 ▽ゲンク 1988年設立。ベルギー・リンブルフ州ゲンクに本拠地を置き、ルミヌス・アリーナ(2万4956人)をホームスタジアムとする。リーグ優勝3回を誇り、02―03年シーズンに元日本代表FW鈴木隆行が所属した。今季は8季ぶりの優勝に向けて、リーグ首位を走っている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月2日のニュース