仙台 MF差波が契約満了で退団 明大から加入3年、J1出場なし

[ 2019年1月5日 15:17 ]

 J1の仙台は5日、契約満了に伴い、MF差波優人(25)の退団が決定したと発表した。

 青森県出身の差波は青森山田高、明治大を経て2016年に仙台入り。17年途中からJ3盛岡、18年はJ3富山にそれぞれ期限付き移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が出場なし、J3が46試合3得点。18年シーズンはJ3で31試合3得点だった。

 差波は仙台を通じ、「ベガルタ仙台で出会えた方々と過ごした時間は、学ぶことの多い有意義なものでした。忘れることのできない素晴らしい思い出を胸に今後もがんばります。応援ありがとうございました」とコメント。

 また、J3富山も同日、期限付き移籍期間満了による退団を発表しており、富山を通じては「J2昇格という目標を達成できずに申し訳なく思っています。色々な経験をさせてもらって感謝しています。1年間お世話になりました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月5日のニュース