槙野 中東“洗礼”対策もOK「どんな状況でも戦えます」

[ 2019年1月5日 05:30 ]

アジア杯1次リーグF組   日本-トルクメニスタン ( 2019年1月9日    UAE・アブダビ )

ミニゲームで競り合う槙野(左)と富安(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 DF槙野は中東でのアジア杯対策は万全だ。今大会は準々決勝からVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)、追加副審も導入される。「(W杯などで)経験している選手も多いので」と話した。

 また、森保監督を乗せた車の練習場到着が遅れるなどアウェーの地ならではの“洗礼”も浴びたが「大分(11月、ベネズエラ戦)では大渋滞で試合開始40分前に到着というのも経験してますし、どんな状況でも戦えます」と力強かった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月5日のニュース