開催国ロシア サウジに圧勝 02年以来のW杯白星で開幕

[ 2018年6月15日 02:00 ]

サッカーW杯1次リーグA組   ロシア5―0サウジアラビア ( 2018年6月14日 )

後半、3点目のゴールを決め喜ぶロシアのジュバ(共同)
Photo By 共同

 サッカー・ワールドカップ(W杯)第1日(14日・モスクワ)1次リーグA組の1試合で開幕し、開催国ロシアがサウジアラビアと対戦し、5―0で大勝。プーチン大統領が観戦する中で、白星発進となった。

 ロシアはガジンスキーの先制ゴールなどで前半を2―0で終ると、後半も得点を着実に重ねて圧勝。2002年日韓大会以来の勝利で、1次リーグ突破へ好発進した。

 大会は32チームがA―Hの8組に分かれて1次リーグを行い、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。決勝は7月15日。6大会連続6度目の出場となるH組の日本は19日にコロンビアとの初戦を迎える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年6月14日のニュース