岡崎が両ふくらはぎ、昌子は右太腿張り 室内で別メニュー調整

[ 2018年6月14日 22:17 ]

<日本代表練習>カザンで初めての練習をする日本代表イレブン(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表は14日、ロシア・カザンのベースキャンプ地で初練習を行った。一度は帯同している24選手全員がグラウンドに姿を見せたものの、FW岡崎が両ふくらはぎの張りを、DF昌子は右太腿の張りを訴え、青空ミーティングに参加したあと室内で別メニュー調整を行った。岡崎、昌子ともに12日の親善試合パラグアイ戦に先発していた。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年6月14日のニュース