PR:

城氏がスタメン提言 守備の安定生む昌子&中村 期待値UP1勝1分け1敗

パラグアイ戦の後半、存在感を見せた中村(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 W杯前最後の試合となった12日のパラグアイ戦で日本は快勝。西野体制発足後の3試合が終わり、戦い方や課題が見えてきた。19日の1次リーグ初戦コロンビア戦は、どのように戦うべきか。城彰二氏(元日本代表FW)が分析し、初戦のスタメンを“提言”。1次リーグのすう勢を占った。 日本代表メンバー  試合日程&結果

 【香川と乾】C大阪で一緒にやっていただけにお互いのタイミングが分かっている。香川が動くと乾が近くに寄るなど関係性がよく、乾のゴールもそこから生まれた。宇佐美や本田も試されたが、香川と乾が一番いい。西野監督は具体的に「こう攻撃しろ」と指示するより、選手同士のコンビネーションを大切にする。また、香川は守備でも貢献していた。パラグアイに対して岡崎と香川が2トップのような形でも守ったが、前線でよく守備をした点も高評価だろう。

 【岡崎は切り札】岡崎は守備で頑張るし、守備ラインの裏にも飛び出せる。ただ、全体の戦い方を考えればボールをキープできる大迫が先発し、途中から岡崎を入れた方が効果的だと思う。ストライカーは決めればヒーロー、決めなければ戦犯敗因。紙一重のポジションだが、岡崎は経験とメンタルがあって流れも変える仕事もできるので、切り札になると思う。

 【守備】本大会ではいろいろなことが起きるので経験が重要だろう。軸は吉田、昌子でセンターバックを組むのがいい。槙野も1対1の強さなどがあるが、ポカもある。勝ちに行くならセットプレーで点が取れる槙野もありだが、守備面の安定感を考えれば昌子だ。GKも存在感のある中村がいい。GKが当たればチームが盛り上がる。

 【予想】本番と親善試合はまったく別物で、コロンビア相手に簡単に勝てるとは思わない。しっかり守ってカウンターやセットプレーでゴールを狙っていくしかない。それでも、日本の期待値は上がった。1勝1分け1敗とみる。

 <城氏が選ぶスタメン>中村、酒井宏、吉田、昌子、長友、柴崎、山口、武藤、香川、乾、大迫(4―2―3―1)

[ 2018年6月14日 08:40 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月18日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム