岡崎“レスター流”で迷い消えた「行く、行かないの問題をクリアできた」

[ 2018年6月14日 05:30 ]

国際親善試合   日本4-2パラグアイ ( 2018年6月12日    インスブルック )

パラグアイ戦の前半、競り合う岡崎(左)
Photo By 共同

 岡崎は“レスター流”に手応えを見せた。

 9カ月ぶりの先発出場。得点こそなかったが、ハイプレスで守備のスイッチを入れて日本に好循環をもたらした。「迷うところが少なかった。(プレスに)行く、行かないの問題をクリアできた」と語り「一つのベースはできたから、次はコロンビアに対して徹底的に分析すれば今の日本の武器になる」とうなずいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年6月14日のニュース