長友 パラグアイ戦の手応えに自信も「W杯は別もの」

[ 2018年6月14日 05:30 ]

国際親善試合   日本4-2パラグアイ ( 2018年6月12日    インスブルック )

パラグアイ戦の後半、香川(10)ゴールを決め、抱き合って喜ぶ長友(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 パラグアイ戦を振り返り、長友は「チームとしてどういう戦い方をすれば自信を持って戦えるか、見えた部分もある」と手応えを語った。

 一方で「W杯は別もの。2大会経験してきて、親善試合の雰囲気、プレッシャー、レベルとは全く違う」と強く警告。試合後に「僕が髪を染めて負けたら丸刈りにしないといけないレベルだった」とジョークを飛ばした時よりも、表情は引き締まっていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年6月14日のニュース