山口 強調「攻撃においても守備においても、セカンドボールは日本にとって生命線」

[ 2018年6月14日 05:30 ]

国際親善試合   日本4-2パラグアイ ( 2018年6月12日    インスブルック )

パラグアイ戦の後半、ゴールを決めた乾(左)と喜ぶこの日のキャプテン山口蛍(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 パラグアイ戦ではキャプテンマークを巻き、守備で貢献した山口。ロシア出発前には「攻撃においても守備においても、セカンドボールは日本にとって生命線。いかに回収していくかが、試合の流れをつくるのに重要」と強調した。

 長谷部によれば、練習や試合で元気がないことを気にした西野監督がパラグアイ戦のゲームキャプテンに任命したというが、その狙いは的中した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年6月14日のニュース