マンU元監督ファーガソン氏、脳出血で手術 引き続き集中治療

[ 2018年5月7日 05:30 ]

マンチェスターU元監督・ファーガソン氏(AP)
Photo By AP

 マンチェスターUは5日、元監督のファーガソン氏が同日に脳出血のため緊急手術を受けたと発表した。手術は成功したが、引き続き集中治療が必要という。

 76歳のファーガソン氏は86〜13年に監督を務め、リーグ優勝13回、欧州CL優勝2回など計38のタイトルを獲得。4月29日には今季限りで退任するアーセナルのベンゲル監督に記念品を手渡し、元気な姿を見せていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年5月7日のニュース