岡崎、レスター加入後初アシスト!絶妙スルーパスでバーディーお膳立て

[ 2017年5月1日 05:30 ]

プレミアリーグ・第35節   レスター1―0ウエストブロミッジ ( 2017年4月29日 )

ウェストブロミッジ戦の後半、パスを出すレスターの岡崎
Photo By 共同

 レスターの日本代表FW岡崎が2トップの一角でリーグ4戦ぶりに先発し、前半43分に加入後初アシストを記録した。相手FWのバックパスをカットし、前線へ絶妙なスルーパス。これを受けたFWバーディーが右足で決めて決勝点となった。

 岡崎は「足元じゃなく、ちょっと前めに出せたのが良かった」と胸を張った。チームはリーグ4戦ぶりの勝利で、残留の目安とされる勝ち点40に到達。自身も久々の先発で結果を残し、「気持ち的には“交代するんじゃないか”という不安もある。そういう意味でもあのアシストは大きかった」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年5月1日のニュース