FC東京・丸山、ハリル監督の前で決めたJ1初ゴール「勝つことがアピール」

[ 2017年5月1日 05:30 ]

明治安田生命J1第9節   FC東京1―0広島 ( 2017年4月30日    味スタ )

後半23分、丸山がゴールを決め高萩らに祝福される
Photo By スポニチ

 日本代表のハリルホジッチ監督の視察する前で、FC東京のDF丸山がJ1初ゴールを決めた。後半23分に左CKのこぼれ球に反応。ファーサイドで待ち構え、利き足とは逆の右足でネットを揺らした。

 J2湘南に期限付き移籍していた14年に2得点しているが、J1では出場66試合目で初得点。FC東京に同期入団したFW林容平(現J2大分)と競っていたJ1初得点の勝負も決着し「すぐに林に連絡したい。右足に来たので当てることだけ意識した」と笑顔を見せた。

 15年11月の日本代表初招集以降はハリルジャパンの当落線上におり「視察はあまり意識していなかったけど、勝つことがアピールになったと思う」と強調。「初ゴールで変わるのはメンバー表の数字が0から1になるぐらい。浮かれてはいけない」と気を引き締めた。ハリルホジッチ監督は「丸山はしっかりと守備をしていた」と評価。その上で「デュエルの部分でもう少し自分を出してもいい」と注文もつけた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年5月1日のニュース