清水またもホーム白星お預け 守備崩壊に小林監督「幼すぎる」

[ 2017年5月1日 05:30 ]

明治安田生命J1第9節   清水0―3仙台 ( 2017年4月30日    アイスタ )

サポーターへあいさつを終え、厳しい表情の清水イレブン
Photo By スポニチ

 清水は仙台に完敗し、15年5月30日(川崎F戦)以来のJ1ホーム白星はまたも持ち越しとなった。前半はボールを支配しながらも後半12分にPKで先制を許すと一気に崩れた。

 26日のルヴァン杯から完全ターンオーバーで臨みながら同じ相手に連敗し、小林監督は「幼すぎる。教訓にしないと」と厳しい表情。主将のFW鄭大世は「一度の負けで順位が一気に変わる時期になってきた。確実に勝ち点3を取らないと」と危機感をのぞかせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年5月1日のニュース