磐田、上田FK弾で価値あるドロー 名波監督「次につながる」

[ 2017年5月1日 05:30 ]

明治安田生命J1第9節   磐田2―2札幌 ( 2017年4月30日    ヤマハ )

後半20分、上田が同点の直接FKを決める
Photo By スポニチ

 磐田は2点差を追い付いてドローに持ち込んだ。後半20分の同点ゴールは、途中出場で今季2試合目の出番となった上田の直接FK。ゴール正面やや左から、左足で近いサイドに決めた。

 普段はキッカーを務める中村俊が腰を痛めて欠場した一戦で存在感を示した30歳のMFは「数少ないチャンス。チームに貢献できて良かった」と喜んだ。これで3戦負けなし。名波監督は「逆転できるシーンはあったが、次につながる」と納得の様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年5月1日のニュース