マインツ武藤が今季4点目 4戦ぶり弾に「貪欲に決める気持ちでいる」

[ 2017年5月1日 05:30 ]

ブンデスリーガ・第31節   マインツ1―2ボルシアMG ( 2017年4月29日 )

ボルシアMG戦でボールをキープするマインツの武藤=マインツ
Photo By 共同

 マインツのFW武藤が4月5日のライプチヒ戦以来、リーグ4試合ぶりの今季4点目を決めた。0―2の後半44分、味方のシュート性のボールに左足を伸ばし、「触らなくても入っていたと思うけど、1点は1点。貪欲に自分が決める気持ちでいる」と得点への強い意欲を口にした。

 だが、今季16敗目を喫し「前半の入りが凄く悪かった。後半の立ち上がりの失点もそうだし、少し気が抜けていた」と悔しがった。チームは暫定13位で、入れ替え戦ラインの16位アウクスブルクとは勝ち点1差。「次は何が何でも勝たないと」と同15位のハンブルガーSV戦を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年5月1日のニュース