G大阪・堂安、“嗅覚”で公式戦3戦連発「何となく来ると思った」

[ 2017年5月1日 05:30 ]

明治安田生命J1第9節   G大阪1―0横浜 ( 2017年4月30日    日産ス )

後半19分 値千金のゴールを決め長沢と抱き合うG大阪・堂安(左)
Photo By スポニチ

 G大阪・堂安が公式戦3戦連発だ。後半19分、藤本のスルーパスから藤春がクロス。そして横浜GKの前に走り込んだ長沢がヒールでコースを変えた。18歳は無人のゴールに思い切り、左足を振り抜いた。

 「何となくボールが来ると思った」と笑いが止まらなかった。後半14分にアデミウソンと長沢がピッチに入り、堂安はFWから左MFにポジションを移していた。本来ならば堂安は左サイドにいたはずだが、藤本とその前に流れの中でポジションをチェンジ。勢いに乗るU―20日本代表が勝利を呼び込み、首位浦和に勝ち点1差と迫った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年5月1日のニュース