麻也、日本人初のプレミア100試合出場「150、200と積み上げたい」

[ 2017年5月1日 05:30 ]

プレミアリーグ・第35節   サウサンプトン0―0ハル ( 2017年4月29日 )

ハル戦後、観戦に招待した子どもたちと記念撮影に応じるサウサンプトン・吉田
Photo By 共同

 サウサンプトンのDF吉田が29日のハル戦に左センターバックでフル出場し、日本人初となるプレミアリーグ100試合出場を達成した。体を張った守備で無失点に貢献し、試合終了間際には相手ペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。キッカーを務めたタディッチの失敗で得点には結びつかなかったが、攻守に存在感を示した。

 今季は17試合に出場しており「これから150、200と積み上げたい」と語った。試合にはロンドンの日本人少年サッカーチームの子供50人、保護者50人を招待。試合後に対面し「この中から将来、僕の記録を破ってくれる選手が出て来てほしい」と期待した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2017年5月1日のニュース