J3大分、早速ポケモンGOに「#便乗」 「大銀ドームにいるかも」

[ 2016年7月22日 13:25 ]

世界中で話題となっている「ポケモンGO」(AP)

 任天堂などが開発したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の国内配信が22日に開始され、待ちわびたファンは「ついにきた」と大盛り上がり。ゲームを楽しむファンの声がツイッター上にあふれている中、サッカーJ3の大分はさっそく“便乗”してホーム試合をPRしている。

 海外で爆発的人気を呼んでいる「ポケモンGO」の配信がこの日午前にスタートすると、大分のツイッターのクラブ公式アカウントは同11時過ぎに「#PekemonGO」「#便乗」のハッシュタグ付きでツイート。「(心の声)あの。。。ポケモンGoをインストールされた皆様。大分銀行ドームにもポケモンがいるかもしれません。7/31(日)は大分トリニータと栃木SCの試合があるのでゲートも空いてます。7/31は大銀ドームの西口当日券売場でチケットを購入すると入れます」と31日のホーム・栃木戦をPRした。

 J1経験もある大分は22日現在、J3リーグ戦で3位。31日は「観客動員数1万人計画」としてさまざまなイベントを開催するという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年7月22日のニュース